ケーナ/アンデス民族楽器教室


アンデス音楽…、
日本での認知度も徐々に高まりつつある、南米の音楽です。
アンデス音楽には、哀愁漂う曲から、楽しく明るい曲、また激しいものまで、南アメリカの複雑な歴史の中で生み出された心に訴えかけるような名曲が沢山あります。
また、アンデスの楽器は、その一見素朴なつくりからは想像できないほどの表現力を秘めたものばかりです。
それらは深く学べば学ぶほど、あなたが辛いときや楽しいときに心に寄り添ってくれる存在になるでしょう。
音楽をかけがえのないものにしましょう!
ANDINAで音楽を楽しみましょう!

コースの紹介

quena
・ケーナ
アンデス発祥の縦笛
管楽器の中でも特筆すべき表現力と、音域の広さを持つ楽器です。
また、日本人にもどこか懐かしさを感じさせる親しみやすい音色です。

sanka_s
・サンポーニャ
パンフルート形式の笛。ケーナ同様アンデス地方でよく使用されています。
そよ風のような繊細な音から、うなるような轟音まで、
幅広い表現力を持ちます。

cha2
・チャランゴ
アンデス発祥の弦楽器。復弦による硬質で煌びやかな音色が魅力。

cha2
・ボンボ、ボンゴ、カホン
アンデス音楽で使われる主な打楽器。

レッスン内容

当教室では無料の体験レッスンを行っておりますので、まずは一度お試しでのご受講をおすすめしております。
寝屋川校は全て個人レッスンとなっております
他所でご希望の場合グループレッスンも承っておりますので一度ご相談ください

当教室では、レッスン時間は一コマ60~75分程度としており、一回のレッスンの流れとしましては基本的に
1 ウォーミングアップ(息のコントロール、準備運動)
2 フィジカルトレーニング(フィンガリング 口の角度)
3 基礎エクササイズ(ロングトーン、タンギング、オクターブの練習)
4 曲の練習
という流れで行っております。
もちろん、生徒様のご希望 やレベルに応じてカリキュラムの変更も可能です。

体験ご希望の方は、ご希望の楽器と日時をご連絡ください


※動画で学ぶ無料WEB講座はこちら!

料金、時間、ご入会のご案内

料金/時間のご案内はこちら
ご入会/お問い合わせはこちら

講師紹介

Roberto Gonza (ロベルト・ゴンサ)
ペルーのアンカシュ出身。
幼少よりケーナやサンポーニャに親しみ、十代から海外での演奏活動を開始。
キューバへの音楽留学や数々のミュージシャンとの交流を経て
音楽性を拡げてきた。
聴くものに訴えかける表現力豊かな演奏を持ち前とし、特にケーナ、サンポーニャの奏法においては卓越した技巧を有すトッププレイヤーの一人。